薄毛の遺伝が心配な10代高校生

私には17歳になる甥っ子がいるのですが、彼の父(私の5歳上の兄)も頭頂部がかなり薄くなっていまして、更に母親方のおじいちゃんが見事に禿げあがっているのです。

 

身内にこれだけ薄毛体質がいて、自分の髪の毛も細くサラサラした髪質なので将来ハゲるのではないかととても心配しています。

 

最近ウチに遊びに来た時私の頭が以前よりフサフサしているのを見て、どうしたの?と聞いてきたのでチャプアップという育毛剤を使っていると教えてあげました。

 

甥っ子は興味津々で自分も使いたいというので、チャップアップは17歳の高校生が使っても大丈夫なのか調べてみました

 

 

薄毛

 

チャップアップは副作用がないから10代の高校生でも大丈夫

チャップアップに含まれている成分は自然素材から抽出した天然成分ばかりなので、中学生や高校生の未成年が使っても体に悪影響はないので安心です。

 

10代でも薄毛に悩んでいる方は大勢います、身内に薄毛の方が多数いるので将来自分も薄毛になるのではと心配されている方を含めるとかなり大勢の10代が髪の毛の悩みを抱えていると言えます。

 

今現在薄くなっていると自覚している方、思春期に薄毛の悩みは深刻です。

 

10代くらいは容姿のことでからかわれるのは辛いしイジメにもなりかねません。
彼女なんかも欲しい年頃ですよね、しかし残念ながらハゲはモテません。

 

楽しい高校生活を送るには薄毛は是非とも改善しなくてはいけません。

 

薄毛予備軍の方たちも同様にフサフサの髪の毛を維持しなくてはいけません。

 

その一つの手段が育毛剤の使用です。

 

チャップアップは安全かつ安心して使用できますのでお父さん・お母さん可愛い息子のためにチャップアップ購入してあげてください。

チャップアップに含まれている成分は自然素材から抽出した天然成分ばかりなので、中学生や高校生の未成年が使っても体に悪影響はないので安心です。

10代といえば育ち盛りの年代です、薄毛の改善や薄毛予防にはチャップアップの継続使用とあわせて食生活の見直し、すなわち元気な毛髪を得るためにはバランスの良い食事を摂ることが非常に大事なことです。

 

健康で元気な髪の毛を作るには2つの大きな要因があります。

 

1. 「しっかりとした毛包が育つ健康的な頭皮 

 

2. 「強い毛幹が育つ健康的な体

 

この2つの要因を作るのに重要な役割を果たすのが、次に上げる4つの栄養素です。

 

タンパク質
髪の毛の約90%は10数種類ものアミノ酸が結合してできたケラチンというタンパク質で作られています。
その中で最も多く含まれているシスチンというアミノ酸は体内でメチオニンから作られます。
しかしメチオニンは体内で合成されない必須アミノ酸ですので、食事などでタンパク質を補わない限り髪の毛の原材料は補充されないのです。

 

オメガ3脂肪酸
フィラックスオイルともよばれ、亜麻仁油・シソ油・青魚に含まれている善玉コレステロールを形成する良性の油脂です。
オメガ3脂肪酸が不足すると頭皮が荒れ血流が悪くなり、薄毛や抜け毛を引き起こします。
薄毛改善の対策として日常的に使用する油を良性の油脂、オメガ3脂肪酸のフラックスオイルに変えることがオススメです。

 

ビタミン
ビタミンB2・B6は細胞の代謝活動を促進する働きがあるため、十分な量を頭皮に供給すれば毛母細胞の分裂活動を活発にすることができ発毛が促進されます。
頭皮の皮脂分泌量の調整も行うため、感想や刺激から頭皮を守る必要量の皮脂分泌を補助する働きがあります。
ビタミンEには血管の拡張作用があります、血行不良は頭皮へ栄養が供給されにくくなるため薄毛や抜け毛の原因となります。
ビタミンC類と共に摂取するとより吸収効率が高まり、薄毛予防に効果的です。

 

ミネラル
ミネラルは体内で作れないため食事等で摂取しなければいけません。
亜鉛は髪の毛の主成分であるタンパク質を毛髪合成する際に必要な栄養素で、ミネラルの一種です。
亜鉛を豊富に含む食材は限られているため通常の食事では不足になりがちです、牡蠣・豚レバー・納豆・チーズ・アーモンド等は特に亜鉛を多く含む食材ですので意識して摂取するようにしましょう。
カルシウムが不足すると脳の神経細胞の働きが低下してしまいます。
髪の毛とは神経細胞が神経線維束として頭皮上に排出されたものなので、カルシウム不足になると必然的に抜け毛が起こりやすくなります。

 

薄毛の不安がある方は若いうちから薄毛予防などの対策を摂ることが大切です。

 

髪の毛に良い栄養素を含んだバランスの良い食事、育毛剤などで頭皮環境を整えることが健康な毛髪を手に入れるために非常に重要なことです。